株式投資はいくら資金が必要なの?

NO IMAGE

株式投資にはいくら資金が必要なのかって所をお話ししていこうと思いますので、是非最後まで読んでいただければと思います。

まず株式投資を始めるにあたってどれくらいの資金を用意したら良いのかって所は、気になる方多いと思います。
投資って言うと一般的にはお金が沢山いるイメージがあるかとは思います。ちょっぴりハードルが高そうな株式投資ですけども、結論から言うとスタートは10万でも5万でも、もっと言ったら1万でも大丈夫です。いくらでも大丈夫です。

これはただ投資をする目的にもよります。だから目的ごとの必要な資金っていうのが変わってくるという形になります。

例えばですが、今いくらからでも始めれるってお話ししましたがいくらからでも始めれるっていうのは長期を見据えた投資でどんどん積み立てていくやり方の場合はっていう感じです。

スタートが5万でそれを100万にするっていうような考え方ではなく、毎月5万円ずつ投資信託に積み立てていくなど、長期的な視点での投資になります。

こう言ったやり方の場合はいくらから始めるというよりは、定期的にいくら投資に回せるかっていうのが重要になり、月5万円でも1年後には60万円になり、さらにそこに配当金や、分配金がついてくると言ったて感じで、毎週1万とかでも同じことなので長期を見据えて積み立てて投資をしてく場合はいくらから始めても良いってことです。むしろいくらから始めると言うよりはいつ始めるのか、こちらの方が重要ではあります。

こう言った投資方法を、ドルコスト平均法と言います。
要するに小さい額でもこれがどんどん大きくなって分配金なども再投資する事によってさらに大きくなっていくと言った事で、雪だるまを転がしてどんどん大きくなっていくイメージです。

逆に短期投資ではある程度の資金が必要になってきます。
ある程度の資金が無ければ資金に行き詰まってしまい、買いたい時に買えないなどここぞと言うときのチャンスを逃してしまいます。
レバレッジをかけて取引する信用取引でも最低30万円の保証金が必要なので、それ以上の資金は必要になる上にある程度余裕を持っておく必要もあります。

株式投資ではまず自分が長期で投資するのか短期でトレードするのかで大きく変わってきますので、まずはここを決めておく必要があります。
また株式投資にはリスクもありますのでリスクを十分に把握した上で楽しく株式投資に取り組めたらと思っています。